Redmi Note 9SにAndroid 11アップデート提供開始

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xiaomiの展開するミッドレンジブランド、Redmi。

同ブランドで国内販売もされているRedmi Note 9Sに対し、Android 11アップデートの提供が開始された模様です。

ファームウェアバージョンは「V12.0.1.0.RJWMIXM」でファイルサイズは2.5GB。
OSアップデート同時にセキュリティーパッチも1月分のものになるようです。

ただ、現時点で国内版のすべてのモデルに一斉配信となっているのか、段階的な提供なのかは不明。

今のところ、これといった致命的な不具合の報告などは見当たりませんが、まだアップデートを済ませたユーザーはごく一部だと思われます。

また、すでにAndroid 11アップデートが提供されているXperiaやGalaxyなどではベンチマークの定価や動作のもたつきといった報告も上がっており、現時点でこれらがOS起因なのか各機種のファムウェア起因なのかは不明。

よって、心配な方は少し様子見をすると言うのも一手だと思います。

ちなみにXiaomiは明日、2月2日にRedmiでは国内2機種目となる「Redmi 9T」を公式発表することが確定しています。

価格はまだ未公表ですが、先日のフライング情報では税抜きで15900円となることが判明しています。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。