Galaxy A52 5Gの実機画像がリーク、バッテリーは4500mAhに増量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新モデル、と言えば2021年フラッグシップのGalaxy S21シリーズ。

国内でもドコモとauが少なくとも無印のS21とS21+を取り扱うことは確定しています。

一方、売上台数という意味で同社の「主力」と言えばミッドレンジのGalaxy Aシリーズですが、今回同シリーズの未発表モデル、Galaxy A52 5Gの実機画像がTENAA上で発見された模様です。

ある意味Galaxy Aシリーズらしい可もなく不可もなく、特徴のないデザイン、といった感じ。

カメラ部分の出っ張りが上から下に斜めになっているように見えるのは気のせいでしょうか。

なお、今回の情報から分かるこのGalaxy A52のスペックについてはディスプレイは6.46インチ、バッテリー容量は4500mAh、端末サイズは159.9 x 75.1 x 8.4mmとのこと。

前モデルのGalaxy A51が158.5 x 73.6 x 7.9 mmで4000mAhバッテリーだったので、これよりは少しサイズアップということになりそうです。

Galaxy A5XシリーズはGalaxyシリーズの中でも「主力中の主力機種」と言われており、おそらくこのGalaxy A52についても2021年の世界で最もメジャーな機種の一つとなることは間違いなさそう。

なお、Galaxy AX2シリーズの国内リリースモデルとしてはすでにau版のGalaxy A32 5G、SOG08が認証を通過しており、おそらく今春夏のラインナップとして投入されると思われます。

一方、前モデルのA51はドコモやauの昨年秋冬モデルとしてリリースされています。
よって、このGalaxy A52 5Gも国内投入があるとしても今年後半以降となる可能性が高そうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。