Galaxy A52とGalaxy A72が正式発表、一部はスペックが逆転

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンが最新Galaxyモデル、Galaxy A52 (4G/5G)とGalaxy A72 (4G)の2モデルを発表しました。

少なくとも売上台数ではサムスンの2021年主力モデルとなることが予想されるこれら2モデル、正式発表前からレンダリング画像やスペックの大半はリーク済みとなっていましたが、細かな仕様やバリエーションなどについてははっきりしない部分もありました。

というわけで、今回はこのGalaxy A52とA72の2モデルのスペックをしっかり比較したいと思います。

Galaxy A52とGalaxy A72のスペック

このGalaxy A52とA72、ちょっと不思議なのは下位モデルのGalaxy A52には4Gモデルと5Gモデルの両方が存在するのに、A72は4Gモデルのみ、という点(少なくとも今のところは)。

搭載チップはGalaxy A52もA72も4Gモデルは同じSnapdragon 732Gと搭載、A52の5GモデルはSnapdragon 750を搭載となっています。

ディスプレイサイズはGalaxy A52は6.5インチに対しA72は6.7インチと一回り大きくなっていますが、興味深いのはリフレッシュレート。

A52も4Gモデルは90Hzですが、5Gモデルは120Hzとなっており、4GモデルのみのA72よりも高スペック、ということに。

カメラスペックですが、いずれもクアッドカメラで、標準、超広角、マクロについては同一センサーを搭載。

ただ、4つ目のカメラに関してはGalaxy A52が5MPの深度センサーなのに対し、A72は3倍の光学ズームカメラを搭載しています。

なお、A52のバッテリーサイズは4500mAh、A72は5000mAhとなっています。

こう見るとこのA52とA72、同4Gモデルの場合、サイズ以外での最大の違いはカメラ、となりそうです。

なお、このGalaxy A52/A72は今のところ国内リリースに関する情報はありません。
ただ、前モデルのA51についてはドコモやauが取り扱っているので、今年後半に国内リリースされる可能性は十分にあると思われます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。