Galaxy S9 miniのものとされるベンチマークスコアが発見、スナドラ660搭載のミッドレンジ・スペック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新フラッグシップモデル、Galaxy S9とGalaxy S9+。

これらS9兄弟にミッドレンジ・スペックの派生機種が存在する可能性がでてきました。

SM-G8750という型番でphoneArenaよるとこれはGalaxy S9 miniである可能性が高いとのこと。

CPUにはSnapdragon 660、メモリは4GB RAMとなっており、ミッドレンジど真ん中といっったスペック。

もしこれが本当にGalaxy S9 Miniならば2014年のGalaxy S5 mini以来ということになります。

ちなみにGalaxy S5 miniは4.5インチでしたが、当時からのベゼルレス化と18:9ディスプレイ搭載で、このGalaxy S9 Miniは端末サイズが同じくらいでも画面サイズは5インチくらいにはなりそうですね。

コメント

  1. NNN より:

    ミドルレンジならA3ってこともありそう・・・
    ともかく気になる!

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。