iPhone 11シリーズ3モデルのバッテリー容量とRAMが判明、前モデルから大幅アップ!

追記:現在、iPhone 11 Proおよび11 Pro Maxのメモリについては6GB RAMではなく4GB RAMである可能性、つまりこの記事上の情報が間違っている可能性が浮上しています。詳しくはこちらの記事もご覧ください。

先日アップルが正式発表をし、明日から予約開始、そして20日にリリースとなる新型iPhone、iPhone 11シリーズ

今回、公式には明らかにされていないスペック、具体的にはこれら3モデルのバッテリー容量およびメモリ(RAM)が判明した模様です。

有名リーカーのOnLeaks氏からの情報でこれによるとiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxのそれぞれのバッテリー容量とRAMは:

iPhone 11
メモリ:4GB RAM
バッテリー容量:3110mAh
(XR = 3GB + 2942mAh)

iPhone 11 Pro
メモリ:6GB RAM
バッテリー容量:3190mAh
(Xs = 4GB RAM + 2658mAh)

iPhone 11 Pro Max
メモリ:6GB RAM
バッテリー容量:3500mAh
(Xs Max = 4GB RAM + 3174mAh)

すべてのモデルにおいてRAMもバッテリーも前モデルから増量されており、バッテリー容量の増量幅としてはiPhone 11 Proが一番大きく500mAh、2割近くも容量が増えています。

公式発表ではiPhone 11のバッテリー持ちはiPhone XRから1時間、iPhone 11 Proは5時間も向上しているとされており、これは主に新型チップA13の省電力によるものと言われていますが、今回の情報から電池持ちの大幅な増量も大きく寄与してそうですね。

コメント

  1. ram大事 より:

    https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?q=Iphone12

    geekbench計測結果によると全モデルRAM 4GBですよ。
    (各モデルを開いて、Memoryの項目で確認できる)
    計測結果に間違いがある可能性はかなり低いです。未登録モデルでも今までフェイクでない限り正確に計測できていますので。