AQUOS sense3とGalaxy A20 おすすめはどっち? 性能・スペック・価格を徹底比較

本日ドコモから発売のAQUOS sense3およびGalaxy A20
(auからはすでにA20が10月25日に、sense3は11月2日に発売)

ミッドレンジ中心の現在の日本市場では両モデルとも今秋冬の主力機種となりそうな雰囲気ですが、価格的にもスペック的にも近い部分が多く、両機種で迷う部分も多いと思います。

という訳で今回はこれら最新ミッドレンジ機種のスペック、性能、価格比較をしてみたいと思います。

AQUOS sense3とGalaxy A20のスペック比較・違い

AQUOS sense3Galaxy A20
搭載OSAndroid 9.0Android 9.0
ディスプレイ5.5 インチ
IGZO
2160 x 1080 FHD+
5.8 インチ
PLS TFT
1560×720 HD+
CPUSnapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Exynos 7884B
オクタコア
1.6GHz
1.35GHz
RAM4GB RAM3GB RAM
ストレージ容量64GB32GB
外部ストレージ最大512GB最大512GB
バッテリー容量4000mAh3000mAh
サイズ147 x 70 x 8.9mm150 x 71 x 8.1mm
重量167 g151 g
背面カメラ12MP+12MP8MP
前面カメラ8MP5MP
USBUSB Type-CUSB Type-C
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
防水防塵IPX58/IP6XIPX58/IP6X
カラーライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
ディープピンク(ドコモ)
ソフトピンク(au)
レッド
ホワイト
ブラック
おサイフケータイ対応対応
ドコモ版 AQUOS sense3のカラーバリエーション ↓
au版 AQUOS sense3のカラーバリエーション ↓

AQUOS sense3とGalaxy A20の価格比較

ドコモ版 AQUOS sense3 SH-02MとGalaxy A20 SC-02Mの価格比較

AQUOS sense3 SH-02MGalaxy A20 SC-02M
一括価格(税込)31,680円21,384円
分割支払金月額880円 (36回)594円 (36回)
割引プログラムなしなし

au版 AQUOS sense3 SHV45とGalaxy A20 SCV46の価格比較

AQUOS sense3 SHV45Galaxy A20 SCV46
一括価格(税込)36,720円25,920円
分割支払金月額1,020円(36回)720円 (36回)
割引プログラムなしなし

AQUOS sense3とGalaxy A20のベンチマークスコア・性能比較

AQUOS sense3のベンチマークスコア

↑このスコアについては訂正があります。記事最後をご覧ください。

Galaxy A20のベンチマークスコア

AQUOS sense3とGalaxy A20のバッテリー持ち比較

ドコモ版 AQUOS sense3 SH-02MとGalaxy A20 SC-02Mのバッテリー持ち比較

AQUOS sense3 SH-02MGalaxy A20 SC-02M
連続待受時間約770時間約360時間
連続通話時間(VoLte)約1880分約1430分
電池持ち時間約180時間約140時間

au版 AQUOS sense3 SHV45とGalaxy A20 SCV46のバッテリー持ち比較

AQUOS sense3 SHV45Galaxy A20 SCV46
連続待受時間約910時間約450時間
連続通話時間約2,820分約1,260分
電池持ち時間約170時間約140時間

AQUOS sense3とGalaxy A20の比較まとめ(結論)

スペックだけで比較すればカメラやメモリ、ストレージ容量、ディスプレイ解像度など、ほぼ全ての面でAQUOS sense3の方が上

一方価格面ではドコモ版もau版もAQUOS sense3とGalaxy A20の価格差は1万円程度。(ドコモ版の方がau版より4000~5000円安いですが)

この1万円の価格差はそのままスペックの違いといった感じです。

ただ、性能(ベンチマークスコア)に関してはGalaxy A20の方が3割以上高くなっており、これは結構無視できない差。

画面解像度が低く、レンダリング負荷が少ない、というのもGalaxy A20のスコアが大きく上回っている理由かもしれません。

一方、電池持ち比較ではAQUOS sense3が圧倒的に優秀。
使用時の差は2割未満といった感じですが、待受時や通話時など、画面が消灯している状態でのバッテリー持ちが2倍前後になっています。

まとめとしては、全体的なスペックの高さ、電池持ちを求めるならばAQUOS sense3
実際の動作の機敏さやコストパフォーマンス優先、という場合はGalaxy A20がおすすめ、といった感じでしょうか。

一部訂正:

AQUOS sense3のベンチマークスコアですが、再度確認したところ、以下のような測定結果がでていました。

以前のものはひょっとするとデモ機でまだ十分なチューニングがされていなかった可能性もあります。

よって、Galaxy A20との比較ではベンチマークスコアでもAQUOS sense3の上、ということになります。

関連記事:AQUOS sense3とAQUOS sense3 Liteとの比較、価格が逆転していることが判明