iPhone 11シリーズの4GB/6GB RAM論争がさらに混乱、大手キャリアのスペックでは「6GB」

スポンサーリンク

新型iPhone、iPhone 11シリーズ。

国内でもSIMフリー、3キャリア全ての価格が出そろい、あとは20日のリリースを待つばかり、といった感じ。

その一方で、このiPhone 11シリーズではProバージョンで搭載メモリという人によっては重要なスペックがはっきりと分からない、という珍しい状況が発生しています。

これまでの経緯を簡単にまとめると:

1.中国大手キャリア傘下のスマートフォン小売業の公式サイト上のiPhone 11 Pro/11 Pro Maxのメモリは6GBと記載

2.Geekbenck、Antutuのベンチマーク測定結果ではiPhone 11シリーズ3モデルすべて(512Gモデルも含め)が4GB RAMと表示

と、ここまでの情報では1の情報はおそらく誤表記でiPhone 11シリーズはすべて4GB RAMが濃厚、となっていました。

ところが、、、、

今回また、この説をひっくり返す情報がでてきました。

有名リーカーOnleaks氏からのもので、これによるとT-mobile及びVodafone UKのiPhone 11 Proのスペック上には6GB RAMと記載されています。

この情報は大手キャリア(日本でいう3大キャリアの一つ)のものなので、誤表記などでなければアップルからの公式情報並みの信頼性がある情報とも言えます。

ご存知のように、アップルは過去のiPhoneでもメモリやバッテリー容量といったスペックについては公式サイトでも公表しません。

ただ、いままではベンチマーク上の情報とキャリアなどからのスペック情報が矛盾する、ということはありませんでした。

これ、例えば、iPhone 11 Pro/Pro Maxでは6GB RAMのうち2GBはGPUなど別のプロセス用に振り分けられており、ベンチマーク上には反映されない、なんてこともあるのでしょうか。

だとすればこの謎はすべて解けるのですが、可能性としては低いような。
こればかりは発売後の分解による検証などを待つしかなさそうです。

コメント