iOS13.2で新たな不具合、メモリ不足でアプリ落ち頻発、Safariの真っ白問題も同じ原因か

先日リリースされた最新iOSバージョン、iOS 13.2アップデート。

Deep Fusionといった新機能の他、いくつかのバグや不具合が改善されているようですが、新たな問題も発生しているようです。

iOS13.2でバックグラウンドアプリがすぐに落ちる

具体的にはiOS 13.2以降、バックグラウンドアプリが頻繁に落ちるという症状で、ちょっとしたマルチタスクでバックグランドのアプリが強制終了。

再び使用する際にアプリを再起動しなければいけない、というケースが多いようです。

A growing number of iPhone and iPad users have complained about poor RAM management on iOS 13 and iPadOS 13, leading to apps like Safari, YouTube, and Overcast reloading more frequently upon being reopened.

MacRumors

numerous iOS 13 users say the OS is killing apps in the background far too aggressively in what appears to be a memory management issue. That has resulted in some users losing progress in apps after switching to another that may be more memory intensive, like the camera or iMessage, even for just a few seconds.

The Verge

例えば、youtubeを閲覧していてテキスト(SMS)に返信をして戻るとバックグラウンドのYoutubeアプリが落ちており、再起動が必要になる、といった症状。

グラフィック負荷の高いゲームなどならわかりますが、比較的「軽い」アプリを2つ同時に起動しているだけで発生するというケースが多いようです。

海外のメジャーサイトが報じている、ということは結構範囲が広く再現性も高いと思われます。

一方、国内での報告を見る限り、特に「バックグラウンドのアプリが落ちる」というものはありませんが、iOS13.2で使用中のアプリが落ちやすくなった、という報告は散見されます。

ただこれはiOS13以降からある報告なので、iOS13.2で症状が悪化した、というレベルかもしれません。

いずれにせよ何らかのプロセスでメモリリークが起き、RAM不足が発生、そしてアプリが強制終了してしまうということのようです。

Safariが真っ白の読み込み不具合も継続、同じ原因?

ちなみにiOS13以降、報告数が非常に多いSafariの読み込み不具合。

iOS 13.2でもこの不具合は依然として多数上がっておりまだ改善されていません。

Google検索ページや一部のページを開こうとしても画面が真っ白なままという症状ですが、一部ではこれもメモリ不足に起因しているという指摘もあります。

iOS 13.2で直った不具合も

ただ、iOS 13.2では改善された不具合もいくつかあるようで、代表的なものがAppストアのトラブル。

iOS13以降に発生していた、App Storeが4Gデータ通信だと開けないという問題ですが、これについては国内・海外で改善したとの報告が多数上がっています。

4G回線切断不具合も「おおむね」改善?

ちなみにiPhone 11/11 Proシリーズ+ドコモユーザーからの報告が非常に多かった4Gデータ通信の切断問題ですが、これに関しては大部分で改善した模様。

アップデート後も再発の報告はあり、一度ネットワーク設定のリセットが必要なケースもあるようですが、少なくとも以前よりましになっていることは確かなようです。

iPhoneのアプリ落ちメモリリーク不具合、次期アップデートiOS13.3で「ある程度」改善