Android 11の新機能「裏面ダブルタップ」でカメラ起動など複数ジェスチャ操作が可能に

2020年の次期Android OS、Android 11

先日、初めての開発者プレビュー版がリリースされ、正式版リリースまでのロードマップも公開されました。

このAndroid 11、開発段階なので当然全貌は明らかになっていませんが、今回、非常に興味深い新機能が搭載されることが明らかになりました。

「裏面ダブルタップ」の新機能

XDAが伝えたもので、これによるとAndroid 11には「Columbus(コロンバス)」というコードネームの新機能が搭載されており、これは端末の裏面を2回タップすることでいくつかの操作が可能になる、という新ジェスチャ―機能

同サイトによると、この裏面2回タップで可能な操作は:

・タイマーの解除
・カメラ起動
・Googleアシスタント起動
・メディアの再生・一時停止
・ステータスバーを閉じる
・呼び出し音の消音
・アラームのスヌーズ
・通知のピン留め解除
・ユーザーが選択した動作

ダブルタップでカメラ起動↓

ダブルタップでGoogleアシスタント起動↓

ダブルタップで動画再生・一時停止↓

多くはPixel 4/4XLで新搭載されたモーションセンスで可能なジェスチャー操作と被っていますが、このダブルタップ機能はSoliレーダーを搭載していないPixel 3/3XL以前のモデルでも利用可能になる模様。

また同機能でタップを感知するのは加速度センサーあるいはジャイロセンサーとのことなので、Pixelシリーズ以外のAndroid 11搭載モデルにも搭載が可能なのかもしれません。

ということは、同機能には、

また、同機能がスリープ状態からもカメラを起動できるものなのかは不明ですが、もしそうだとしたらかなり重宝しそうな新機能となりそうです。

おすすめ記事:初の「Googleなし」モデル、Huawei mate 30 Pro 5Gの国内リリースが確定