Android 11の開発者プレビューがリリース、細かなプライバシー設定が可能に

2020年版のAndroid OS、Android 11

この次期OSの開発者向けプレビュー版が本日リリースされた模様です。

Android 11の新機能・仕様は?

Android Policeが伝えたもので、このAndroid 11、現時点でのAndroid 10からのもっともメジャーな変更点はプライバシー設定、とのこと。

具体的にはAndroid 10よりもさらに細かくアプリのアクセス権限の許可を設定できるようになっている模様。

その一つが「アプリを使用中のみ許可(Allow only while the app is in use」という項目で、これをオンにしておくと、該当するアプリはそのアプリは使用中しかアクセスを実行できず、バックグラウンドではアクセスができないというもの。

これはバックグラウンドでは開いているものの、その際に位置情報などにはアクセスされたくない、といったときに使えそうです。

もう一つは「一回だけ許可」項目。
これは文字通り、ユーザーが指定した特定の場合のみアプリにアクセス権限を与えるというものです。

もちろん、これ以外にも新機能・新仕様はあるとは思われ、また、これから追加もされていくと思います。

なお、5月のGoogle I/OではこのAndroid 11のより具体的な詳細が明らかになると思われます。

Android 10アプデ後の不具合、諸悪の根源は復活した「Webview」かも