Android 11アプデ後のAQUOS sense4/4 liteでWiFi接続が切れる不具合

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AQUOSの最新ミッドレンジ、AQUOS sense4シリーズ

Pixel以外のミッドレンジでは「最速」でAndroid 11アップデートが提供されたシリーズで、売れ行きも依然として好調な模様です。

ただ、このAndroid 11へアップデートをしたAQUOS sense4やsense4 liteなどでWiFi周りの不具合が発生している模様です。

具体的には、Android 11アプデ後のAQUOS sense4シリーズではWiFi接続が頻繁に切れ、いつの間にかモバイル通信(4G通信)に切り替わっている、というもの。

価格.comやTwitter、5ちゃんねるで複数の報告があり、発生範囲はかなり広いという印象です。

ただ、何らかの原因でWiFiが途切れる、というのは良くあること(特に5Ghz周波数だと)で、厳密には問題はWiFiが切れるということよりも、切断されたWiFi接続が再接続されないことが問題である可能性もあります。

一方、知らいない間にWiFi接続が切断されて4Gに切り替わっていたため、大量のパケットを消費してしまった、というケースも報告されており、そういった意味では要注意な不具合です。

なお、このWiFi切断問題ですが、今のところはこれといった有効な改善方法はない模様。
よって、現時点では次回以降のアップデートによる修正を待つしかなさそうです。

Android 11でWiFiが繋がらない、途切れる、不安定な原因は「ランダムMACアドレス」かも
OSアップデートに不具合はつきもの、とはよく言いますが、最新Android OS、Android 11でもいくつかのバグや不具合報告が上がっています。中でも最近よく見かけるのがWiFi周りの不具合でAndroid 11にアップデートをしたら

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。