Android 11には実はスイーツ名あり、その名も「レッドベルベットケーキ」

Googleの2020年版Android OS、Android 11

すでに開発状況としてはBeta 2まで進み、早ければ8月後半、遅くとも9月中にはPixelシリーズに対して正式版アップデートがリリースされると言われています。

そんなAndroid 11ですが、今回、同OSになくなったはずのスイーツ・ネーミングが存在することが明らかになった模様です。

GIZMOCHINAがAndroidの副代表、David Burke氏からの情報として伝えたもので、Android 11には「Red Velvet Cake(レッドベルベットケーキ)」というスイーツ名が付けられている、とのこと。

冒頭の画像がそのケーキ。私は食べたことはもちろん、見たことも聞いたこともないスイーツです。

ご存知のようにAndroid OSにスイーツ名が付けられていたのはAndroid 9.0の「Pie」までで、Android 10からOSバージョンを表す番号のみに。

また、今回のスイーツ名もあくまでGoogle社内でのみ使われているコードネームのようなもののようで、Android 11の公式ニックネームとなることはない、とのこと。

なお、今回の情報では実はAndroid 10にも内部で使われていたスイーツ・コードネームは存在し、「Quince Tart(クインス・タルト)」だったとのことです。

Android OSのスイーツ・ニックネームは覚えやすく、そして呼びやすいので結構好きだったのですが、できれば復活して欲しいものです。