Pixel 5はリバース充電に対応、Android 11コード内から発見

Googleの2020年版Pixel、Pixel 5

例年通りならば初秋~10月頃にリリースされるはずです。

そして本日リリースされたAndroid 11の開発者プレビュー版のコード内にこのPixel 5で搭載される新機能についての興味深い情報が見つかった模様です。

XDAが伝えたもので、これによるとAndroid 11のソースコード内に「Battery Share」という名称の今までにはなかった記述が発見。

これは端末から別のディバイスを充電するリバースチャージ(逆充電)機能を指しているとのことです。

また、このコードはAndroid 11全体の機能を記す“com.android”ではなく、Googleプロダクト向けの機能だけを記す“com.google.android”内にあることから、次期Pixelに搭載される新機能とみて間違いないとのことです。

リバースチャージはすでに複数のスマートフォンモデルに搭載されている機能なので、これ自体は特に珍しいものではありませんが、今までのPixelシリーズにはなかった機能です。

また、XDAによるとこのバッテリーシェア機能はおそらくワイヤレスでの逆充電機能である可能性が高いとのことです。
(Galaxy S10やHuawei Mate 20 Proなどはこのワイヤレス逆受電にも対応しています)

おすすめ記事:
新型「Xperia 1.1」には4G/レギュラーと5G/Proモデルが存在、Xperia 9はXperia 8の後継機か