Google、Pixel 5とPixel 4a 5G向けの新機能「アダプティブサウンド」を準備中

スポンサーリンク

GoogleがPixelスマートフォン向けにオーディオ周りの新機能を開発しているようです。

XDAが伝えたもので、GoogleがPixel向けに提供している機能アップデートプログラム「Feature Drop(フィーチャードロップ)」の一環として新機能「アダプティブ・サウンド」が追加される、とのこと。

「アダプティブ・サウンド」と言えばGoogleの純正Bluetoothイヤフォン、Pixel Budsにも搭載されていおり、これは周囲にノイズ合わせてイヤフォンの音量を自動で調整・最適化、するというもの。

一方、今回の「アダプティブ・サウンド」はこれとは異なり、端末のスピーカーから出る「音質」をするための機能の模様。

例えば、音楽を聴きながらリビングからバスルームに移動するとエコーを抑えるように自動的にイコライザーが調整される、といった具合に機能するようです。

なお、XDAによるとPixelには来週から最新の12月分セキュリティーパッチ・アップデートの提供が始まり、この新機能はこのアップデートに含まれる可能性が高いとのこと。

ただ、同サイトによるとこの機能が有効化されるのは最初は最新のPixel 5およびPixel 4a 5Gのみとなる模様です。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。