次期Xperiaは世界初のHDMI 2.1対応、USB Type-Cと直結可能に。XZ4 Premiumで搭載か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルが2019年にリリースするSDM855搭載の新型Xperia。

Xperia XZ4からプレミアムモデルまで、SDM855搭載Xperiaは最低でも2~3機種展開されると思われますが、この次期Xperia(シリーズ)で搭載される新機能について新たな情報がでてきました。

私も一部しか理解しておらず、無理に説明しようとすると間違った情報をお伝えしてしまいそうなので、細かい説明は省きます。

が、要点としては、次期XperiaはHDMI 2.1に対応し、USB Type-Cから変換が可能なる、ということ。

HDMIとはパソコンとモニタ、テレビとDVDプレーヤーなどを接続する端子で、現在主に使われているのはHDMI 2.0。

HDMI 2.1はその次世代規格で、すでに正式発表はされているものの、対応している機器は限定的で、もちろんスマートフォンでHDMI2.1対応の機種はありません。

一方、HDMI 2.1は、最大帯域が従来のHDMI 2.0の約3倍となる48Gbpsにまで高速化されており、8Kなどの大容量コンテンツを高画質/高音質のまま低遅延で伝送できるのには必須になるとも言われています。

ただ、ここで投稿者がいう「Xperia」が次期無印Xperiaフラッグシップ、つまりXperia XZ4のことなのか、次期プレミアムXperiaのことなのかは不明。

ただ、同じリーカーの先程の情報、次期 Xperiaプレミアム(XZ4 Premium)がBRAVIAに搭載のCalMANキャリブレーションと「連携」という件からの流れからすると後者を指している可能性が高いと思われます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。