次期Pixel、Pixel 5の搭載チップはSD765ではなくSD768Gの可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleの2020年版純正スマホ、Pixel 5。

「Bramble」というコードネームで開発中のこの新型Pixel、まだ具体的な情報は乏しいのですが、少なくとも搭載チップについてはハイエンド向けのSD865ではなく、ミッドレンジ向けチップ、SD765となると言われています。

しかし今回、このPixel 5に搭載されるチップがSD765ではなく、そのアップグレード版となる可能性が出てきたようです。

phoneArenaが伝えたところによると、このPixel 5に採用されるCPUはSD765ではなくSD768Gとなる可能性がある、とのこと。

このSD768Gは先日、Xiaomi Redmi K30 Speedに搭載されるというリーク情報がありましたが、本日クアルコムが正式発表。

SD768GとSD765の違い

・Kryo 475プロセッサーはの最大クロックスピードは2.8GHz(SD765は2.4GHz)

・Adreno 620 GPU搭載、SD765から15%のグラフィック処理性能アップ

・120Hzリフレッシュレート対応

SD768Gは、5G対応のミッドレンジ向けチップとては2つ目のチップという事になります。

なお、今回の情報、具体的なソースが示されているわけではないので、あくまで「可能性」だけとのことようです。

おすすめ記事:

新型Pixel、Pixel 4aの発売日は2週間ほど延期の模様

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。