【廉価版】Galaxy Fold Liteが存在、SD865搭載で価格は初代Foldの半分ほどに

スポンサーリンク

サムスン初のフォルダブル・スマートフォン、と言えば昨年9月にリリースされたGalaxy Fold。

そして8月頃にはその後継機、Galaxy Fold 2 (仮称)がリリースされることがほぼ確実となっています。

そんな中、このGalaxy Foldの廉価版、「Galaxy Fold Lite」が存在するというリーク情報がでてきました。

Galaxy Fold Liteのスペックと価格

今回の情報によると、このGalaxy Fold Liteは:

・ストレージは256GB

・カラーはミラーブラックとミラーパープル

・超薄ガラス「UTG(Ultra-Thin Glass)」は採用されない

・2018/19/20モデルのパーツをミックスして使用している

・外側のセカンダリーディスプレイはGalaxy Foldのように大きくなく、おそらくGalaxy Z Flipのような小型スクリーンになる

・グローバル展開される

・4Gモデル(5G非対応)

・SD865搭載

・ボディーはアルミとガラス製

・価格は1099ドル(約11.8万円)

初代Galaxy Foldの発売時の米国価格は約2000ドル、春にリリースされたGalaxy Z Flipは約1400ドルでしたが、今回の情報によるとこのGalaxy Fold LiteはZ Flipよりも安価になる、ということに。

ただ、ちょっと気になる点もあります。

というのもこのGalaxy Fold LiteはSD865を搭載していながら5Gには非対応、とのこと。

ご存知の方も多いとは思いますが、SD865は通信モデムチップが別となっており、通信形態に関わらず、Snapdragon X55というモデムチップが必須。
そしてこのX55は当然5Gにも対応しています。

つまり、SD865搭載機種は少なくともハード的には例外なく5G通信に対応している、ということに。

そのため今のところ、今年発表されたSD865搭載機種で5Gに非対応の機種は存在しないはずです。

ただ、5G通信には別のアンテナコンポーネントも必要なので、これを搭載せずソフト面で5G通信を無効化することはもちろん可能だと思われます。

いずれにせよ、SD865搭載で12万円程度ならGalaxy S20シリーズやXperia 1 IIといった普通のフラッグシップモデルと同程度。

価格面では十分競争できる機種になるのではないでしょうか。

おすすめ記事:

Galaxy Note 20シリーズ「無印」のディスプレイは120Hz表示非対応、LTPOが「高価なため」

コメント