Redmi Note 9Sの口コミ評価・評判・不具合情報まとめ

スポンサーリンク

SD720G搭載で4眼カメラ、さらにトリプルスロットとおそらくコスパでは2020年スマートフォンで1、2位を争うモデル。

SIMフリー機種としてかなり注目度が高く、売れ行きも好調な模様です。

今回はそんなRedmi Note 9sの長所・短所の両方を含めた口コミ評価・評判まとめをしたいと思います。

Redmi Note 9Sの評価・評判

Redmi Note 9Sの良い評価

  • 全体的なデザイン評価は「高」
  • SIM2枚 + microSDの合計3枚挿しが可能(SIM2とmicroSDが排他利用ではない)
  • さらにDSDV対応(デュアルSIMデュアルVoLTE)
    画面が明るく(最大輝度が高い)屋外での視認性が良い
  • 電池(5020mAh)持ちはかなり良い、通常仕様なら2日は持つ
  • PDに対応
    ミッドレンジなのにゲーミング・パフォーマンスが良い
  • 軽めの3Dゲームならは全く支障なく遊べる
    側面指紋センサーにしては反応が良く認証速度も速い
    カメラは低価格なのに手振れ補正が優秀

Redmi Note 9Sの悪い評価

  • 背面のカメラ部分がかなり飛び出してる
    バッテリー容量が大きい分重い
    タッチ精度がイマイチ、粗い
    設定画面にも広告が出てくる
    最低輝度でも明るすぎると感じることがある
    4GB RAMのためか動作がもたつくことがしばしば
  • スピーカー音量が最大でも小さめ
  • 非防水
    マクロカメラで撮影した画像の発色がちょっと安っぽい
    通信が極端に遅くなることがある
    ディスプレイの視野角が狭い
    省電力重視のためかタスクキルが強め

Redmi Note 9Sをオススメする人・しない人

SIMx2とmicroSDの同時挿しが可能なので、SDカードに大量のデータを入れ、通話はキャリア、データはMVNOなど、SIMを使い分ける人や海外出張などが多く、SIMの切り替えが頻繁なユーザーにはピッタリ。

まや、SD600番台のチップでは物足りないが、SD700番台のスマホに5~6万は払いたくないというかたにも最適。
ほとんどの性能・機能が価格相応から一歩抜きにでており、コスパでは文句なし、といった感じです。

また、MVNOによっては信じられないような低価格で入手可能なので、最悪気に入らなくてもリスクは低いと思われます。

ただ、中華スマホに多い独自仕様が多いので、今まで国産のミッドレンジになれている、という方には最初は戸惑う部分もあるかも。

なお、同モデルに搭載のSD720GはAQUOS sense4にも搭載されており、ベンチマーク上の性能では両者は対等。

AQUOS sense4の口コミ評価・評判・不具合情報まとめ
ドコモの2020-2021年冬春モデル、そしてgoo simsellerやIIJmioといったメジャーMVNOからもSIMフリーモデルとして展開されているシャープの新型AQUOS、AQUOS sense4。前モデルのAQUOS sense3

無難なAQUOS sense4からちょっとエクストラな機能が欲しい、冒険してみたいという方にはこのRedmi Note 9Sは価格的にもトライしやすい機種だと思います。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。