Huawei P40 liteの「正体」& スペックが判明、Nova 6 SEの別名モデルとしてリリースへ

ファーウェイが毎年春から初夏にかけてリリースしている「上半期モデル」、Huaweo Pシリーズ。

この2020年版となるHuawei P40シリーズの廉価版、Huawei P40 Liteの「正体」が判明した模様です。

Huawei P40 LiteはHuawei Nova 6 SEの別名としてリリースされる、ということに。

ファーウェイ機種では国や地域によって同一モデルを異なる機種名で展開することはよくあり、Huawei P30 Liteも確かHuawei Novae 4eだっと記憶しています。

Nova 6 SEはすでに先週、Nova 6シリーズ3モデルの一つとして正式発表されており、これによるとP40 Liteのスペックは:

スペックP40 Lite
サイズ159.2 mm x 76.3 mm x 8.7 mm
ディスプレイ
  • 6.4インチ, FHD+ LCD;
SoCKirin 810
メモリ8GB RAM
ストレージ128GB
バッテリー容量4,200 mAh
充電40W Huawei SuperCharge
リアカメラ
  • メイン: 48MP
  • 超広角: 8MP
  • 深度: 2MP
  • マクロ: 2MP
フロントカメラ16MP
Android OSEMUI 10/Android 10

米政府による対ファーウェイ禁輸措置で苦境に立たされていると言われている同社ですが、今年のP30 Liteは前年のP20 Liteほどの勢いはないものの、それでもAndroidスマートフォンとしては売上ランキング上位を維持しているようです。

ただ、P40 LiteこのままいくとGoogleからライセンスを受けたAndroid OSは搭載できず、PlayストアやGoogle系アプリ・サービスも使用できないままリリースされることになります。

となると、さすがに日本でのリリースは難しくなりそうですね。