Exynos2100版のGalaxy S21 UltraがGeekbenchで4000超え、でも「異常値」の可能性大

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新フラッグシップ、Galaxy S21シリーズ

ヨーロッパや韓国ではExynos 2100搭載版、米国などではSnapdragon 888搭載版(ほぼ間違いなく日本版も)が展開となっており、以前よりその違いについては大きな注目を集めています。

そんな中、Exynos 2100を搭載したGalaxy S21 UltraがGeekbench上で新たなベンチマークスコアの記録を樹立した模様です。

シングルコアが1111ポイント、マルチコアが4016ポイントとなっており、少なくともGalaxy S21シリーズではSD888版でもExynos2100でも4000ポイントを超えたスコアはこれが初めてだと思われます。

なお、このGaalxy S21 Ultraについてはすでに大量のスコア測定結果がGeekbench上にあります。

Exynos 2100搭載版Galaxy S21 Ultra↓

全てを確認したわけではありませんが、基本的にExynos2100搭載のベンチマークスコアは3200~3300程度が平均値で、比較的高いスコアでも3700前後。

よって、4000以上というスコアは統計的には「異常値」といった方が良さそうです。

ちなみに以下はSD888搭載版Galaxy S21 Ultraのスコア↓

平均スコアではExynos 2100搭載版とほとんど違いがなさそうです。

このSD888 vs Exynos2100、ベンチマークだけでなく、発熱やスコアの安定性でも意見が分かれているようで、過去数世代のSnapdragonとExynosのようにはっきりとした性能差が分からない、というのが正直なところではないでしょうか。

Xperia 1 IIIの「公式」とされる動画が発見、リーク済み画像よりカッコいい!?
ソニーモバイルの2021年最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III。例年通りならばあと数週間後に正式発表、ということになりますが、今年はMWC2021が夏まで延期となっているため、ソニーも発表を急がないという可能性もあるよう

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。