Xperia 1 III、国内向けSIMフリー版の存在が確定、ベンチマークスコアが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週、ドコモ・au・ソフトバンクの国内キャリア版がリリースされたXperia 1 III。

一部で、発売前からSIMフリー版のリリースを期待する声も少なからずあり、噂も何度か浮上しています。

そんなXperia 1 IIIの国内向けSIMフリー版の存在が今回初めて具体的な形で発見されました。

Geekbench上で発見されたもの。

XQ-BC42という型番。

少し前に同型番のベンチマークスコアの「スクショ」は発見されていますが、Geekbench上で直接確認できる形で同モデルが発見されたのは今回が初です。

ちなみに先ほどの先に発見されたXQ-BC42のベンチマークのスクショはメモリが16GB RAMとなっていましたが、今回のものは12GBと国内版と同じ。

どちらが正しいとは断定できませんが、今のところは実際にベンチマークの実在が確認できる12GB版の方が信ぴょう性は高いと言えそうです(ひょっとして2バージョン存在の可能性も?)

なお、これがXQ-BC42という型番が国内向けSIMフリー版のものである、という根拠ですが、まず、国内向けSIMフリー版の下二桁がすべて「4」だったというわけではありません。
(例:Xperia Proの国内版の型番は「XQ-AQ52」)

ただ、その一方で下二桁目に「4」を冠した海外版というのは存在せず、この理屈からするとこのXQ-BC42はほぼ確実に国内向けのSIMフリー版Xperia 1 IIIだと思われます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。