悲報:iPhone SE (2020)はAntutuベンチマークスコア発見、チップがアンダークロックされている模様

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日アップルが正式発表した新型iPhone、iPhone SE 第2世代

価格的にはエントリーモデルという位置づけで、昨年のiPhone 11シリーズからはスペックダウンされた部分も多い一方で、搭載チップについてはiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップを搭載しています。

ところが、このiPhone SE 2020に搭載のA13 BionicチップはiPhone 11シリーズと比べて性能が劣ることが判明した模様です。

上の画像はiPhone SE 2020のAntutuベンチマークスコア

ご覧のように総合スコアは約49万ポイントとなっています。

一方、iPhone 11シリーズのAntutuスコアは平均で52万ポイントといったところ。

つまり、iPhone SE 2020は同じA13 Bionicチップを搭載しながらもiPhone 11シリーズと比べると1割ほどベンチマークスコアが低い、ということになります。

GSMArenaいわく、iPhone SEのA13はiPhone 11シリーズのものと比べて意図的にクロック周波数を下げられている、つまりアンダークロックされている可能性が高いとのこと。

iPhone SE 2020はiPhone 11シリーズと比べるとバッテリー容量が少なく、アンダークロックは電池持ちとのトレードオフ、という可能性もあるようです。

コメント

  1. raffy より:

    GeekBenchで、クロック表示されてますけどCPUクロックは2.66GHzで11と一緒のようですね
    AntutuはRAM容量/ストレージ容量見るのと、熱設計枠的なやつじゃないですかね。

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。