悲報:iPhone SE (2020)はAntutuベンチマークスコア発見、チップがアンダークロックされている模様

スポンサーリンク

先日アップルが正式発表した新型iPhone、iPhone SE 第2世代

価格的にはエントリーモデルという位置づけで、昨年のiPhone 11シリーズからはスペックダウンされた部分も多い一方で、搭載チップについてはiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップを搭載しています。

ところが、このiPhone SE 2020に搭載のA13 BionicチップはiPhone 11シリーズと比べて性能が劣ることが判明した模様です。

上の画像はiPhone SE 2020のAntutuベンチマークスコア

ご覧のように総合スコアは約49万ポイントとなっています。

一方、iPhone 11シリーズのAntutuスコアは平均で52万ポイントといったところ。

つまり、iPhone SE 2020は同じA13 Bionicチップを搭載しながらもiPhone 11シリーズと比べると1割ほどベンチマークスコアが低い、ということになります。

GSMArenaいわく、iPhone SEのA13はiPhone 11シリーズのものと比べて意図的にクロック周波数を下げられている、つまりアンダークロックされている可能性が高いとのこと。

iPhone SE 2020はiPhone 11シリーズと比べるとバッテリー容量が少なく、アンダークロックは電池持ちとのトレードオフ、という可能性もあるようです。

コメント

  1. raffy より:

    GeekBenchで、クロック表示されてますけどCPUクロックは2.66GHzで11と一緒のようですね
    AntutuはRAM容量/ストレージ容量見るのと、熱設計枠的なやつじゃないですかね。