iPhoneでGoogleアプリ/検索が落ちる・強制終了する不具合が大量発生中、最新アプデが原因

スポンサーリンク

検索からウェブブラウジング、手軽なニュースアプリとして人気の「Google」アプリ

同アプリのiPhone/iOS版でアプリが落ちる、強制終了するとという不具合が発生している模様です。

具体的にはGoogleアプリを開き、しばらく使用していると突然アプリが落ちる・強制終了するという症状。

起動した瞬間に強制終了するというケースもあれば、開いてから数秒~数分すると落ちるという報告も。

また、検索欄に文字入力をするとアプリが落ちるという報告も多数上がっています。

さらにAppストアにも夥しい数の同様の不具合報告が上がっており、少なくともiOSバージョンやiPhoneの機種依存の問題というわけではなさそうです。

原因は最新アップデート、バージョン 102.0

なお、このGoogleアプリ落ちは数日前に提供されたバージョン 102.0へのアップデート以降から急増。

よって、この最新アプデがトリガーとなっていることは間違いなさそう。

Googleアプリが落ちる問題の改善方法

この問題、Googleアプリを一度アンインストールして再インストールすると改善する、という報告が散見されます。

ただ一部ではアプリが落ちるまでの時間が長くなった、頻度が減っただけと言う報告もあるので、これで完治するのかは微妙なところ。

完全な改善には次期バージョンのアップデートを待つしかなさそうです。

ちなみに今のところAndroid版の「Google」アプリでは同様の症状報告は上がっていないので、おそらくiPhone/iOS版のみの不具合だと思われます。

おすすめ記事:

Xperia 1 II、発売直後にバッテリー/充電周りの新機能追加?サプライズ・アップデート提供との情報

コメント

  1. a より:

    ググる先生使いたきゃ林檎辞めろってことだろ

  2. ゆー より:

    iOS13.7にアップデートしたら同じ現象がおきています