時代遅れ?次世代iPhone 13でもノッチは続投、でも「短く」なる模様

スポンサーリンク

新型iPhone、と言えば10月13日の発表が確定したiPhone 12シリーズ。

すでに外観や大まかなスペック、一部では価格までリークされており、あとは公式発表での詳細情報を待つばかり、といった感じ。

一方、最近は2021年の次世代iPhone、iPhone 13シリーズについての情報も少しずつ増えていると言う印象です。

そんな中、このiPhone 13のディスプレイ周りについて新情報がでてきました。

サムスン関連のリーク情報で有名なリーカー、Ice universe氏からのもので、これによるとiPhone 13でもノッチデザインが採用される、とのこと。

ただ、ノッチにの長さ(おそらく横幅)については短くなる、とのことです。

ノッチに比べてパンチホール型ディスプレイが必ずしも良いとは思いませんが、Androidスマートフォンでノッチを搭載しているのはミッドレンジ以下のモデルのみとなりつつあり、そのためか、ノッチ=廉価モデルというイメージが定着しつつあります。

また、iPhoneのノッチは明らかに大きすぎる、という点も。

この感じだとiPhoneはiPhone 13以降もパンチホールを採用する予定はなさそうですね。

追記:

先にiPhone 13のノッチで「短くなる」のはおそらく横幅、とお伝えしましたがこれは間違いだった模様。

Ice universe氏が追加ツイートをしていました。

上下の幅が狭くなる、という意味だったようで、要はノッチが「浅くなる」とも言えそうです。

コメント