サムスン、200MPセンサーを含む6カメラ搭載Galaxyの存在をティザー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新モデル、と言えばGalaxy S21シリーズで、国内ではドコモとauの両者ともにS21、S21+、S21 Ulraの3モデルを取り扱うことが確実となっています。

その一方で、同社はすでに主力シリーズであるGalaxy AX2シリーズのモデルも数機種リリースしており、国内でもGalaxy A32 5G SCG08が発売済みとなっています。

そんな中、Galaxy SシリーズやAシリーズ、そしてNoteシリーズにも属さない可能性のある興味深い機種についてのティザー動画が発見されました。

Twitter上でサムスンのExynosチップ公式アカウントが投稿していたもの。

サムスンが200MPの新型カメラセンサーを開発している、という情報は以前より幾度となくリークされていましたが、同社が正式な形のその存在を認めたのは今回が初めてではないかと思います。

ただ、画像を見るとフロントカメラがデュアル、リアカメラがクアッドという構成のようで、あくまで合計で6つのカメラ、という意味だと思われます。

背面にクアッドカメラ
前面中央にデュアル・フロントカメラ

また、フロントに2カメラ、リアに4カメラを搭載他モデルと言うのはすでに他メーカーからもリリースされているので、そういった意味ではこの6カメラは特に新しい仕様ではない、ということになります。

一方、興味深いのは動画を観る限りではそのデュアルフロントカメラが画面中央に配置されている、という点。

そして画面上部中央にフロントカメラを搭載したモデル、と言えばGalaxy Noteです。

ただ、先日のサムスンの決算におけるコメントではSnapdragonチップの不足問題もあり新型Galaxy Noteのリリースは来年に持ち越しになる可能性が高い、とのことでした。

一方、今回の動画はExynos搭載モデルについてのティザーでもあります。
ひょっとするとExynosチップを搭載したカメラ重視の新型モデルがリリースされる、という可能性もありそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。