2021新型Galaxy、ドコモは最低3モデル、auは1モデルを投入へ-技適通過

スポンサーリンク

来年1月14日の正式発表が事実上確定している次期Galaxyフラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

例年通りならばこれらの機種のいずれかがドコモやauの2021年春夏モデルとしてリリースされることは既定路線。

そして今回、ドコモ版およびau版と思われる未発表Galaxyが総務省の技適を通過していました。

「SGH-N649」、「SGH-N592」、「YRM」、「SGH-N748」という4つの型式が通過しており、この情報を最初に伝えたBlog of mobileによると、対応周波数や過去の型番規則から「SGH-N649」、「SGH-N592」、「SGH-N748」はドコモ版、「YRM」はau版モデルになるとのこと。

また、いずれのモデルもハイエンドである可能性が高いようです。。

つまり、現時点でドコモは最低でも3モデルのauは1モデルのGalaxyモデルを投入する、ということになります。

しかもドコモ版に関してはいずれもハイエンドモデルである可能性が高いとのことなので、Galaxy S21、Galaxy S21+、Galaxy S21 Ultraの全3機種投入という可能性もありそうです。

一方、これは現時点での認証通過状況で、今後通過機種は増えると思われます。

特に最近はauの方がGalaxyモデルの展開に積極的という印象なので、来年春にかけてミッドレンジも含めた他のGalaxyモデルも認証通過することが予想されます。

Galaxy S21/S21+/S21 Ultra
「Galaxy S21/S21+/S21 Ultra」の記事一覧です。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。