2021年の新型Galaxyフォルダブルは4モデル、ローラブルはなし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの新型モデル、と言えばGalaxy S21シリーズが話題の中心ですが、同シリーズの情報は正式発表前にすでに出尽くした感が強くなっています。

一方、最近は次世代フォルダブル・スマートフォンについての情報も徐々に増えてきていると言う印象。

そんな中、韓国メディア、ETニュースが同社の2021年版Galaxyフォルダブルについての新情報を報じていました。

これによると、サムスンは2021年にフォルダブル・スマートフォンを4モデル展開するとのこと。

うち、2モデルは横開きのタイプのGalaxy Z Fold3(シリーズ)として、残りの2モデルは縦開きタイプのGalaxy Z Flipp2(シリーズ)になる模様。

Galaxy Z Flip2はハイエンドモデルと一般モデル(おそらくミッドレンジという意味だと思います)ですが、両モデルとも5G通信に対応するとのことです。

なお、これらの4モデルはいずれも2021年後半にリリースされるとのことで、Galaxy Noteシリーズについては現時点で具体的なリリース計画はないとのこと。

つまり、これまでの情報通り廃盤となる可能性が極めて高いということになります。

一方で、噂に上がっていた巻取り式のローラブル・スマートフォンについては2021年にリリースの予定はない模様です。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。