期待外れの性能?Exynos2100搭載Galaxy S21 Ultraのベンチマークスコアが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンが来年1月中盤に正式発表する新型フラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

同シリーズにはいつも通り国・地域によってクアルコムのSnapdragon搭載版とサムスンの自社製チップ、Exynos搭載版が展開され、S21シリーズではSnapdragon 888かExynos 2100か、ということになります。

そして今回、このExynos 2100を搭載したGalaxy S21 Ultraのものとされるベンチマークスコアが発見されました。

以下はExynos 2100を搭載したGeekbenchにおけるCPU性能ベンチマークスコア↓

Galaxy S21 Ultraはベースモデルのメモリは12GB RAMとなりそう。

測定結果はまだ4つですが、いずれもマルチコアのスコアは3000ポイント前後

これは今年のハイエンドに搭載のSnapdragon 865とほぼ同レベル、もしくはXperia 1 IIやXperia 5 IIと比べると低いくらいのスコアで、大きな進化は期待できない、ということに。

一方、以下はSnapdragon 888を搭載したGalaxy S21シリーズのベンチマークスコア。

こちらも平均すると3000ポイントを少し超えるくらいのスコアとなっており、Exynos 2100と大きな違いは見られません。

つまり、現時点でGalaxy S21シリーズの性能はExynos版もSnapdragon版も今年のSD865搭載のGalaxy S20シリーズと比べてベンチマーク上の性能では大きな進化は期待出来ない、ということに。

ただ、SD888に関しては同チップを搭載した他メーカーのモデルでも同じようなスコアが見つかっており、これはGalaxyだけのことではなさそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。