AntutuベンチマークがGoogle Playストアから削除、Antutu「誤解です」

スマートフォンのベンチマークスコア測定アプリAntutu Benchmark」がGoogle Playストアから削除された模様です。

削除の理由についてまだGoogle側から公式な発表はないようです。

ただ、Android PoliceによるとAntutuが中国のアプリ開発会社チーターモバイル(Cheetah Mobile)によって運営されている可能性が問題となった模様。

チーターモバイル(猟豹移動)は、同社のアプリ「CMファイルマネージャー」などが広告詐欺に利用された疑いが浮上。
先月、グーグルのアプリストア「Google Play」から一斉に配信停止措置を受けています。

そして今回、Antutuのプライバシーポリシーのページがチーターモバイルのウェブサイト上にあること、そしてチーターモバイルのCEO、Fu Sheng氏がAntutuテクノロジーの会長としてもリストされていることから、両社が事実上の同一会社と見なされた可能性が高そう。

ちなみに3/9現在、確かにPlayストアでAntutuと検索しても確かに「Antutu Benchmark」はヒットしない状態となっているので、削除されたことは確実です。

一方、この件について問い合わせをしたAndroid PoliceがAntutu側から受け取った返答は:

要約すると:

・3/7にGoogleよりAntutuがCheeah Mobileのパブリッシャー・アカウントを関連性があるため、すべてのAntutuアプリをプレイストアから削除した、との連絡を受けた。

・しかしAntutuは独立したアカウントでCheeah Mobileのパブリッシャー・アカウントとの関連性はない

・Cheeah Mobileは2014年にAntutuに出資し株主の1社であることは確か。

・今回のGoogleによる誤判定はおそらく同社がCheeah Mobileより法的サービスを購入しているからだと思われる。

・Fu Sheng氏がAntutuの会長である、という点については出資の際の条件であるためで、多くの中国企業が同じことをしている。

・Fu Sheng氏は実際、Antutuの経営には関与していない。

といった感じ。

なるほど、と納得する部分もありますが、全体的にはやはりグレーな部分があるように感じます。

ソース

おすすめ記事:

Xperia 1 IIの国内発売時期が判明、ドコモ・au版は5月に