Xperia 8のベンチマークスコア発見、なぜか他のSD630搭載Xperiaよりも低いスコアに

新型Xperia、と言えばauやドコモが秋冬モデルとしてリリース(ドコモ版SO-01Mは11月1日、au版SOV41は10月25日発売)するXperia 5ですが、今秋にはもう一つ、ミッドレンジのXperia、Xpeira 8がリリースされます。

そして今回、このXperia 8のGeekbenchにおけるベンチマークスコアが初めて発見されました。

型番の902SOはY!モバイル版のXperia 8のもの。

マルチコアスコアは800ポイント台の後半となっています。

Xperia 8に搭載のCPUはSD630でこれは今年前半にリリースされたXperia 10やXperia Aceと同じ。

しかし、スコアを比べてみると:

I41XXはXperia 10、J31XXはXperia AceのSIMフリー版のものですが、ご覧のようにこれらのスコアは1000ポイント以上。

つまり、Xperia 8のベンチマークスコアは他のSD630搭載Xperiaよりも1割ほどが低い、ということになります。

まだ発売前でチューニング中という可能性もあるとは思いますが、これはちょっと気になる点です。

なお、Xperia 8は今のところY!モバイル、au、UQモバイルからのリリースが確定しており、ひょっとすると今後楽天モバイルなど、他のMVNOでも取り扱われる可能性がありそうです。

また、ミッドレンジ機種が主流の現在、数的にはXperia 5よりもこちらのXperia 8の方が売れそうな気もします。