iPhoneのデータ通信回線切断・圏外不具合、iOS13.2でようやく改善の模様

10月29日追記:

先ほど、iOS13.2の正式版がリリースされました。
ただ、一部ではこのデータ通信不具合が改善していないとの報告も。
詳しくはこちらをご覧ください。

新型iPhone、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxを中心に発生しているデータ通信不具合。

4Gデータ通信が突然圏外になり一旦通信ができなくなると再び圏内に入っても通信ができないまま、という問題です。

iPhone 11シリーズ(iOS13)のリリースから発生し、iOS 13.1.1から最新のiOS 13.1.3でもいまだに症状は改善されず。

VoLTEのオフや位置情報の「使用時のみ」設定で若干症状が緩和されるとの報告はありますが、完全な改善方法とは言えない模様。

iPhone 11 Pro、Pro Maxでの報告が8割以上、キャリアではドコモ回線での報告が8割近くとなっています。

しかし、ドコモユーザーを中心に多くの方が不便な思いをしているこの通信不具合ですが、ようやく改善の目途が立ったようです。

次期iOSバージョンとなるiOS 13.2のパブリックベータ3(PB3)でこの一連の通信切断不具合が改善したという報告が複数見られます。

iOS 13.2 PB3がリリースされたのは昨日、PBは1週間ほど前でした。

一方、同じiOS13.2でも以前のPB2では「改善せず」とのことでしたが、PB2→PB3の間に修正を施したと思われます。

5ちゃんねる上にも同様の報告が何件かあり、最悪「完治」まではいかなくともiOS 13.2でかなり症状が改善されていることは確かな模様。

なお、あくまで噂ではありますが、iOS 13.2の正式版のリリース予定は10月23日と言われています。(日本時間は24日?)

いずれにせよ、あと4~5日ほどということになりますが、返品などを検討している、という方はあと数日アップルもしくはキャリアに猶予を与えても良いかもしれません。