SD865搭載Galaxy S20+ 5Gのベンチスコアがスゴイ!SD855から3割の性能アップ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正式発表まで1か月を切ったサムスンの次期フラッグシップモデル、Galaxy S20シリーズ。

半日ほど前にGalaxy S20+ 5Gの実機が初めてリークされていましたが、今度はSnapdragon 865を搭載したこのGalaxy S20+ 5GのGeekbenchにおけるベンチマークスコアが初めて発見されました。

シングルコアは923ポイント、マルチコアは3267ポイントとなっています。

先に発見されているExynos990搭載版Galaxy S20+のスコアと比べるとかなり高いスコア。

なお、SD855搭載の2019年版ハイエンドモデルの平均的なスコアは2500ポイント前後。

クアルコムの公式発表によるとSD865の性能はSD855から20~25%アップと言われていますが、このGalaxy S20+では実際には前モデルよりも3割前後も性能がアップするということになります。

これ、ひょっとするとLPDRR5やUFS3.0といったチップ以外の要素がこのハイスコアに寄与しているのかもしれませんね。

Galaxy S20シリーズは「全モデル」が12GB+LPDRR5メモリを搭載へ

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。