サムスン、2021年にXiaomiやOppoにExynosチップを供給へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの自家製SoC、Exynosチップ。

どうやら2021年のスマートフォンでは同チップを搭載したモデルがGalaxy以外でも一気に増えそうです。

Android Authorityが伝えたところによると、サムスンは来年前半にリリース予定のXiaomi、Oppo、Vivo製スマートフォン向けにExynosチップを提供する、とのこと。

具体的にどういったチップが提供されるのかは不明ですが、基本的には廉価モデル向けのチップとなる模様です。

サムスンがGalaxyシリーズ以外にExynosチップを搭載した例というのは過去にも何度かありますが(モトローラ製スマートフォンで多いという印象)、多くても年間数機種といった感じ。

少なくとも3つのスマートフォンメーカーに提供するという事になるので、かなり

なお、XiaomiおよびOPPOは日本でも展開しているので、来年は国内でもExynosチップを搭載したモデルがGalaxy以外にも何機種がリリースされそうです。

ちなみに廉価版向けではありませんが、サムスンは近々新型チップ、Exynos 1080を発表することが明らかになっており、同チップの性能はSD865とSD875の中間くらいになりそう。

また、このチップはGalaxy向けというよりは他のOEMへの供給を目的に開発されたとも言われています。
こういった動きからするとどうやらサムスンは自社製チップをGalaxyだけでなくSnapdragonやMediatekと競合するチップとして展開していく可能性が高そうです。

次期Xperiaの新機能ヒントその2、高速充電対応/バッテリー容量アップか?
ソニーモバイルの最新Xperiaと言えばXperia 5 IIですが次期Xperia、と言えばネーミングルールが変わらなければXperia 1 IIIおよびXperia 5 IIIというラインナップになりそう。そしてこの次世代Xperiaに

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。