まだ調整中?Android 11搭載のXperia 1 IIの異常に低いベンチマークスコアが発見

スポンサーリンク

XperiaスマートフォンへのAndroid 11アップデート予定。

ヨーロッパでは先日、ソニーが公式サイト上にアップデート対象機種と提供時期を発表し、Xperia 1 IIが12月中に最初にアップデート予定となっています。

そんなXperia 1 IIですが、今回Android 11を搭載したベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

「SONY XQ-AT51」は海外版シングルSIMのXperia 1 IIの型番。

ざっと見た限りでは怪しい点はなくおそらく「本物」のベンチマークスコアですが、気になるのはそのスコア。

シングルコアが741、マルチコアが1931ポイントとなっており、これはSnapdragon 865搭載機としてはかなり低い方。

ちなみに以下はこのAndroid 11を搭載したXperia 1 IIとAndroid 10搭載のベンチマークスコアを比較したもの。

Android 10ではマルチコアが3300程度なのに対し、Android 11搭載のXperia 1 IIではかなり低めとなっています。

もちろんまだサンプルサイズが少ないのでたまたまの低スコア、という可能性も。

また、Android 11ベータ版を搭載でまだチューニング中のスコア、という可能性も十分にあります。

ただ、今回ほどの差があるわけではありませんが、すでに正式版Android 11がリリースされているGalaxy S20シリーズでは平均して、Android 10の時よりもスコアが低めになるという現象が確認されている模様。

【検証】Android 11にアップデートしたGalaxy S20シリーズでベンチマークスコア低下の可能性
先週から始まったGalaxy S20シリーズ向けのAndroid 11。まだ海外の一部の国・地域のみが対象で国内版にアップデートがされるのはおそらく早くて年末、おそらく来年1月以降になりそうです。そんなGalaxy S20シリーズのAndr

そういった意味で、ひょっとするとXperiaに限らず、Android 10→Android 11へのアップデートでベンチマークスコアは全体的に下がる、という可能性はありそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。