Xperiaだけじゃない!Galaxy旧機種もアップデートで120Hzリフレッシュレート対応か

2020年にリリースの新型モデルで標準搭載となる主な「新機能」、と言えば何といっても5G通信への対応ではないでしょうか。

一方で、来年モデルではGalaxy S11シリーズを初めとする多くのフラッグシップ機種ではディスプレイの90Hz/120Hzリフレッシュレート対応が標準化するとも言われています。

そんな中、Galaxyの旧機種でも今後のアップデートでこのスクリーンの120Hz表示が利用可能になる可能性がでてきました。

有名リーカー、ice universe氏が伝えたもので、先日リリースされたGalaxy Note 9向けのAndroid 10/One UI 2 Betaでは、画面の120Hz表示を有効化する「隠し設定」があることが判明。

これ、単に120Hz対応の「コード」が発見されたというものではなく、ちゃんと設定用のインターフェイスがあるという点からして、少なくともGalaxy Note 9では120Hz表示への対応が検討されていることは間違いなさそう。

また、これが2年前のGalaxy Note 9で発見された、ということはそれより新しいGalaxy S10シリーズやGalaxy Note 10シリーズも同様に対応が可能、とみて間違いないでしょう。

ちなみにXperiaはかなり前の旧機種、Xperia XやXperia X Performance、Xperia XA2シリーズのディスプレイもハード的には120Hzに対応している、というのはそこそこ有名な話。

また、先日、今後のアップデートでXperia 1やXperia 5といった既存機種もこの120Hz表示が「有効化」される可能性がある、という情報もでてきています。

ひょっとすると120HzリフレッシュレートというのはXperiaやGalaxyに限らず、他メーカーの複数スマートフォンに搭載のディスプレイでもハード的には対応可能なのかもしれません。

ただ、Android 10ではちょっと難しいかもしれませんが、この調子だと今後はOSレベルでこのリフレッシュレートの設定・切り替えができるようになるのかもしれませんね。

おすすめ記事:新型Xperiaの発表→リリースまでの期間が異常に長い理由が”リーク”?

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    120Hzに出来るが電力消費が多いから
    あえてメーカーは避けてきたんじゃ
    ないかな?
    5G化したら更に省電力が要求される。

  2. ななしさん より:

    バリバリのスマホゲーマーでなければ120Hzなんか電力の無駄やろ