Xperia 1 IIIやGalaxy S21はAndroid 14までアップデート「可能」、SD888は4世代OS+4年間セキュリティーをサポート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クアルコムが先日正式発表した2021年新型ハイエンド向けのSoC、Snapdragon 888。

すでに多くのOEMが同チップを搭載した新型モデルのリリースを予告しており、今のところの情報ではXiaomi Mi 11シリーズが最初、そしてそれにGalaxy S21シリーズが続くといった感じになりそうです。

そんな2021年フラッグシップにとってなくてはならないSD888ですが、今回、同チップと今後のAndroid OSアップデートの「関係」について海外メディアのXDAが非常に興味深い記事を掲載していました。

SD888は4世代のOSと4年間のセキュリティ・アップデートを保証

XDAによると、Snapdraon 888以降のSoCでは4世代のOS(3回のOSアップデート)および4年間のセキュリティーアップデートをサポートするようになる、とのこと。

つまり、Snapdragon 888+Android 11搭載でリリースされるであろうXperia 1 IIIやGalaxy S21シリーズは少なくともチップの制限という言う意味ではAndroid 11→Android 12→Android 13→Android 14までのアップデートが可能になる、ということになります。

なお、どうしてそうなるのか、という説明については素人の私にはかなりマニアックな内容なので、正直に言うと書かれているおそらく半分も理解していません。

ただ、GoogleとQualcommの協力により、今後は同じSoCベンダーインプリメンテーションを4つのOSに渡って使用できるようになるため、SoCベンダー側の開発負担がなくなる、というのが背景にある模様。

例えばAndroid 11世代のSD888についてはAndroid 12、13、14まで共通のインプリメンテーションを使うことができる、ということのようです。

これまではOSアップデートごとに複数のベンダーインプリメンテーションを用意する必要があった
SD888以降はこれが一つで済むように

でも結局はOEM/キャリア次第?

今回の話はあくまでSoCレベルで4世代OSのサポートが約束され、それが技術的に「可能」になった、というだけ。

OSアップデートをするかしないかは結局はOEMやキャリア次第、という部分があるので、これによってSnapdragon 888を搭載してリリースされる2021年モデルのすべてがAndroid 14までアップデートサポートされる、という事にはならないと思います。

ただ、少なくともSoCというOEMから見たハードウェア的な制限はなくなる、ということになりそうです。

なお、サムスンは数か月前にGalaxy S10以降のモデルについて3年間のOSアップデート保証を約束しています。

XperiaのAndroid 11アプデ予定が一部前倒し、Xperia 5 IIは今月中に提供
Xperia向けのAndroid 11アップデート。先日、香港版や台湾版のXperia 1 IIに対してXperiaとしては初めてのAndroid 11アップデートが提供されました。そして今回、このXperiaスマートフォンの「新たな」アッ

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。