Xperia 1 IIIのレンダリング画像がリーク!ベゼル狭小化以外は大きな変化なし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2021年最新フラッグシップ、Xperia 1 IIIのレンダリング画像がリークされました。

3.5㎜イヤフォンジャックもちゃんと搭載。

上下のフロントスピーカーも前モデルから踏襲。

ベゼルはXperia 1 IIより狭くなっているようですが、それでも前面カメラはベゼル上に配置。

右側面にはボリュームボタン、指紋センサー/電源ボタン、そしてGoogleアシスタントボタン、カメラボタンを搭載。

画像を見る限り、リアカメラはクアッドカメラで標準、超広角、望遠、マクロでしょうか。また、一番下の望遠カメラはペリスコープ型に見え、ToFセンサーも継続搭載されている模様です。

なお、ディスプレイサイズは6.5インチとXperia 1 IIから変わらず。

大幅なベゼルレス化もちょっと変?

Xperia 1 IIIのボディーサイズは161.6 x 67.3 x 8.4mm (カメラ部分は9.6mm)とのことで、ベゼルが削られた分、Xperia 1 II(165.1 x 71.1 x 7.6 mm)よりも3.5ミリほど縦幅が短くなっています。

一方、少し違和感を覚えるのが横幅。
Xperia 1 IIIは縦幅だけでなく横幅もXperia 1 IIより3.8ミリも短くなっており、これはXperia 5 IIの68mmよりもさらに細い、ということに。

左右ベゼルも前モデルより狭くなっているようには見えますが、両端がそれぞれ2ミリ近くも削られているようにはみえません。

ただ、あり得ないサイズ、とも言えないので、この点については正式な発表を待つ必要がありそうです。

一方、端末の厚みは0.8ミリほど前モデルよりアップ
理由は不明ですが、ペリスコープカメラの搭載やバッテリー容量の増量などが背景にあるのかもしれません。

なお、今回のレンダリグ画像は毎度おなじみ、Onleaks氏をソースとしたものなので、信頼性についてはほぼ100%とみて良いと思います。

また、今回のリークで、2021年の最新Xperia、Xperia 1 III、Xperia 10 III、そして機種名は不明の5.5インチコンパクトモデルの3機種の外観が明らかにされた、ということになります。

Xiaomiが国内リリース予定の最新モデルが判明、15900円の格安「Redmi 9T」
少し前よりRedmiブランドの新型モデルの国内投入を予告しているXiaomi。正式発表は2月2日ですが、今回、それを前に国内リリースされる最新Redmiモデルの「一つ」が判明しました。以下は大手量販店、EDIONの公式サイトにフライング掲載
Xperia 1 III? 「爆速ブラウジング」の謎の新型Xperiaが発見か
ソニーモバイルの‘2021新型Xperia、と言えば昨晩レンダリング画像がリークされたXperia 1 IIの後継機となるであろうXperia 1 III。一方そのスペックについては信憑性の高い「ヒント」などが徐々に増えてはいますが、まだ確

コメント

  1. 「新型ズルトラはよ出してぇ~」 より:

    ここ数年「ワンサイズのみ」と、ゆうのは…

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。