Xperia 1 IIIのカメラは「Gレンズ」復活、「Zeiss」を廃止の可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月14日の正式発表会まであと5日ほどとなったソニーの最新Xperiaフラッグシップモデル、Xperia 1 III。

SD888を搭載、という点以外ではまだ確実性の高い情報は限られており、詳しいスペックは正式発表までお預け、といった雰囲気になっています。

そんな中、ここ数日で急に投稿頻度が増えているのがWeiboの有名リーカー、Zackbucks氏。

そして今回、同氏がこのXperia 1 IIIのカメラ「レンズ」に関する新情報を投稿していました。

これによると、Xperia 1 IIIのカメラではZeiss製のレンズが採用されない可能性があり、代わりにソニーのGレンズが復活する可能性がある、とのこと。

ご存知のようにGレンズはソニー独自の開発によるレンズで、一眼レフの世界では特に解像度とボケ味にこだわった光学性能に優れた「表現力」が特徴、と言われていました。

そしてこのGレンズは昔のXperia Z、XZシリーズでも採用されていましたが、Xperia 1あるいは5以降にXperiaのスペック表から消え、スマートフォンでの搭載は廃止になった模様。
(明確にいつ廃止になったかについては諸説あり)

そして、Xperia 1 II以降にこのGレンズの「G」に代わり刻印されるようになったのが「Zeiss」。

一方、有名リーカー、Onleaks氏が1月にリークしたレンダリング画像にはXperia 1 II同様にカメラ部分に「Zeiss」の刻印がありましたが、これについてはどこまで正確かは不明です。

一方、Zeiss製レンズは今年から、カメラを大幅強化したVivo X60 Pro+ でも採用されており、これにより同社製レンズを搭載するブランドはXperiaだけではなくなりました。

そういったい背景もあり、ひょっとすると今回の新型XperiaからZeiss廃止、そしてGレンズ復活、という流れとなる可能性は十分にあるように思えます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。