国内リリース予定のXiaomi Mi 11 Liteはディスプレイ品質に難あり? 黒つぶれの報告多数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャオミのフラッグシップ、Xiaomi Mi 11シリーズ。

この廉価版となるXiaomi Mi 11 Lite 5Gは国内でも24日に正式発表されることが確定しており、価格も税込43,800円とかなり魅力的に設定されています。

あとはSIMフリーで発売となるのか、キャリア版となるのか?そしてSIMフリー版ならばFelica(おサイフ)対応するのか、といった点が注目されています。

しかし、この期待の新型Xiaomi製スマホでかなり気になるディスプレイ周りの問題報告が複数挙がっていることが判明しました。

これ、俗にいう「黒つぶれ」で具体的には、このXiaomi Mi 11 Liteでは暗い、あるいは黒に近い色を表示すると、その部分が真っ黒に塗りつぶされたようになり、表示されているものが判別できない、という状況。

画面輝度を明るく設定している際は問題なく表示されている部分が、、、

輝度を下げると完全に「黒つぶれ」してしまっています。

この「黒つぶれ」は他のスマートフォン(特にミッドレンジ以下のモデル)では報告がないわけではありません。
ただ、ここまで顕著なのはかなりレアだと思われ、何らかの「異常」であることは確かなようです。

また、この報告はXiaomi公式フォラムやReddit、XDAフォラムなど、かなり様々なサイトで大量の報告がでているので、発生範囲はかなり広いと思われます。

なお、海外ユーザーの報告を見る限りでは、この「黒つぶれ」は発売後しばらく経ってから提供されたファームウェアアップデートで幾分症状は軽減したとのこと。

ただ、それでもまだ症状はかなり顕著なようで、少なくとも6月中旬の時点でも報告が上がっており、「完治」はしていない模様。

となると、ハード的な問題も考えられるの、心配な方は国内発売後しばらくは様子見をするのが賢明かもしれません。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。