Black Shark 4の存在が公式確認、4500mAhバッテリーを15分でフル充電の120Wチャージ対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xiaomiの展開するゲーム用スマホブランド「Black Shark」の2021年最新モデルについておそらく初めてとなる公式情報がでてきました。

中国のSNS、Weiboの公式アカウントから投稿されていたもの。

今回のティザー画像から分かるのはこのBalack Shark 4が4500mAhバッテリーを搭載、そして120Wの超高速充電に対応し、15分で満充電にすることが可能、という点。

なお、Black Sharkシリーズはもちろん、Xiaomi製スマートフォンで120W充電に対応するのは同モデルが初めて、ということになります。

なお、このBlack Shark 4がSnapdragon 888を搭載することは間違いないと思われますが、同モデルについてその他のリーク情報などは現時点ではまだほとんど見当たりません。

ちなみに前モデルのBlack Shark3のバッテリー容量は4720mAhだったのでBlack Shark 4の容量はこれより若干少なくなるということに。

一方、前モデルは2360mAhのバッテリーパックを2つ搭載したデュアルバッテリー仕様だったので、「4」についておそらく同様の仕様になると思われます。

なお、前モデルのBalck Shark 3はかなり地味ではありますが一応日本でも販売されているので、この「4」についても国内リリースの可能性は高いと思われます。

【噂】次期XperiaにはWalkmanの「S-Master HX」技術を移植したコンパクトXperiaシリーズをリリースか
ソニーの既存最新Xperiaと言えば2020年後半フラッグシップのXperia 5 II。このXperia 5 II、Xperia 1 IIと比べれば小型ですが、「小型モデル」と呼ぶには大きすぎるサイズです。一方、ソニーはXperia XZ

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。