Pixel 5、アルミボディなのになぜワイヤレス充電が可能?

スポンサーリンク

昨晩正式発表された新型Pixel、Pixel 5。

国内でも10月15日にリリースされる同モデルですが、同時発表されたPixel 4a 5Gとの違いの一つがワイヤレス充電の有無。

Pixel 5は前モデル同様にワイヤレス充電に対応しており、これ自体はもちろんプラス要素。

ただ、一部では同モデルで「なぜ」ワイヤレス充電が可能なのかという疑問が出てきているようです。

というのもPixel 5はPixelシリーズとしては初めて?のリサイクルアルミニウムを採用。

そして基本的には金属ボディーでワイヤレス充電はできないはず。
従来のスマホでワイヤレス充電を可能にするためには、充電器との接触するバックパネル部分の素材がプラスチックやガラスでなければいけないという制限があります。

これについてAndroid Policeが説明をしており、実は単純なこと。

Pixel 5の背面部分はアルミ製ですが、その上に薄いプラスチックのコーティングがしてある、とのこと。そしてワイヤレス充電のコイル部分だけはアルミボディーに穴が開いており、この部分だけは「プラスチック製」になっているとのことです。

ということは、背面の中央部分に関しては強度が比較的低い、という可能性もあるのでしょうか。

ちょっとイメージしにくい部分もあるのですが、これについてはおそらく近日中に分解画像・動画などが公開され、ビジュアル的にも明らかになる思います。

コメント