「量子チップ」搭載の新型Galaxy A Quantumとは?Galaxy A71との違いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンが昨日正式発表した新型ミッドレンジGalaxy、Galaxy A Quantum。

同モデルは正式発表前からその存在がリークされており、当時は同社の別のミッドレンジモデル、Galaxy A71の別名同一機種、と言われていました。

しかし今回の正式発表でこのGalaxy A Quantumは「若干」ですがGalaxy A71とは異なる部分があることが判明しました。

Galaxy A Quantumには「量子チップ」搭載

GSMArenaが伝えたところによると、このGalaxy QuantumにはスイスのID Quantique社が提供するQRNG(Quantum Random Number Generator)と呼ばれるチップセットを搭載。

このチップがLEDやCMOSイメージセンサーからの信号を基にランダムな数字を作成し、これがIDや認証を要求するモバイル決済サービスで暗号キーとして使われる、という仕組みのようです。

 

なお、Galaxy A QuantumとGalaxy A71の違いはこのQRNGチップの有無のみで、同モデルの搭載CPUはExynos 980を搭載で5G通信対応、価格は日本円で約5.7万円とのことです。

おすすめ記事:

2020年Q1の世界スマホ売上ランキング、フラッグシップはGalaxy S20+のみ

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。