Galaxy A22が正式発表、4G版と5G版の違いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンのこれまでの最安5Gモデル、と言えば、国内でもauが取り扱うGalaxy A32 5G。

しかし今回、その下位モデルとなるGalaxy A22が発表。4Gモデルと5Gモデルの2つのバリエーションが明らかになりました。

Galaxy A22 5G

Galaxy A22 (4G)

このGalaxy A22の2モデル、珍しく5Gモデルと4Gモデルでサイズが異なり、5Gモデルは6.6インチ、FHD+、TFT、Infinity-V Displayを搭載なのに対し、4Gモデルは6.4インチ、HD+、Super AMOLED、90Hz、Infinity-U Displayとなっています。

また、サイズと重量も5Gモデルが167.2 x 76.4 x 9.0mmで203gなのに対し、4Gモデルは159.3 x 73.6 x 8.4mmで186gと一回り違いがあります。

カメラも仕様が異なり、5Gモデルは:

メイン:48MP (F1.8)
超広角: 5MP (F2.2)
深度センサー: 2MP (F2.4)

のトリプルカメラなのに対し、4Gモデルは:

メイン: 48MP (F1.8), OIS
超広角: 8MP (F2.2)
深度センサー:: 2MP (F2.4)
マクロ: 2MP (F2.4)

とクアッドカメラ仕様。

CPUについては公式スペック上は記載されていませんが、5GモデルはDimensity 700、4GモデルはHelio G80。両チップの性能差はGeekbench 5.3のマルチコアで前者が1700ポイント程度、後者が1314程度なので3~4割はスコアに違いがあります。

メモリとストレージのオプションは5Gモデルが:

4GB RAM + 64GB
4GB / 6GB / 8GB RAM + 128GB

4Gモデルが:

4GB RAM + 64GB
4GB / 6GB RAM + 128GB

となっています。

カラーバリエーションについては5Gモデルが:

Gray
White
Mint
Violet

4Gモデルが:

Black
White
Mint
Violet

なお、バッテリー周りは同一で、容量は5000mAh、充電速度は15Wとなっています。

一方、一部のユーザーにとっては大きな違いとなるのがmicroSDカードスロットの有無。
Galaxy A22の5G版はmicroSD対応ですが、4Gは非対応となっています。

価格は5G版の4GB RAM + 64GBが230ユーロとのことです。

ちなみにこのGalaxy A22はとりあえずヨーロッパで7月からリリースとなる模様。
国内でのリリースは未定ですが、昨年のGalaxy A21が結構な人気機種だったことからすると、このA22も日本で発売される可能性は高いと思われます。

ただ、それが4Gモデルとなるのか5Gモデルとなるのか、あるいは両モデルとなるのかは気になるところです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。