Galaxy S11は突起なし光学5倍ズームの108MPカメラを搭載か

Galaxy S10/S10+の後継機として例年通りならば来年2~3月発表、早ければ4月にもリリースされると予想されているGalaxy S11シリーズ(機種名は変更の可能性あり)。

この次期Galaxyフラッグシップのカメラ周りのスペックについて興味深い新情報がでてきました。

SAMMOBILEが伝えたもので、このGalaxy S11こと次期フラッグシップGalaxyには5倍光学ズーム、108MPのカメラが搭載されるとのこと。

↑サムスンが今年5月に発表した5倍ズームカメラのモジュール

5倍光学ズームのカメラはすでにHuaweiがP30シリーズで実装するなど、スマートフォンとして初めてのものではありません。

ただ、このサムスンが開発した5倍ズームカメラモジュールの特徴は「突起がない」という点。

このカメラモジュールでは光軸を曲げるペリスコープ方式で、レンズは横向きに配置。。これにより、カメラモジュールの厚みを5mmにまで抑えることが可能になり、既存の2倍ズームカメラよりも薄型のモジュールとのことです。

なお、108MPカメラについてですが、こちらはサムスンがXiaomiと共同開発し、8月に発表した新型センサーを挿していると思われます。

数週間前に有名リーカーiceuniverse氏が次期Galaxyフラッグシップのカメラについて「誰も見たことのないものになる」とう情報を投稿していましたが、このことを指していたのかもしれませんね。