新型 iPhone 11の性能は前モデルから変化なし?初のベンチマークが発見

約1週間後の9月10日に正式リリース発表される2019年版iPhone、iPhone 11シリーズ。

この新型iPhoneのものとされるベンチマークスコアが初めて発見されたようです。

ちなみに以下は前モデル、iPhone Xsのベンチスコア

CPUのBase Frequencyはアップしていますが、全体のスコア、特にマルチコアのスコアはほとんど変化なし、といった感じです。

ちなみにAndroidでいうと11万点というのはXperia 1やGalaxy S10/Note 10、AQUOS R3などに搭載されているクアルコムのSD855よりちょっと良いくらい、といった感じ。

なお、このベンチマークではこの機種のメモリは4GB RAMとなっています。

iPhone 11シリーズは廉価版となる無印のiPhone 11、iPhone Xsの後継機であるiPhone 11 Pro、そしてiPhone Xs Maxの後継機であるiPhone 11 Pro Maxになると言われており、11 Pro/11 Pro Maxは6GB RAM、iPhone 11だけが4GB RAMになる可能性が高そう。

これが事実ならば今回のベンチマークスコアはiPhone 11のもの、ということに。

一方で3モデルとも搭載チップは同じはずなので、それほど大きくベンチスコアに違いは出ないはずです。