サムスン、バッテリー取り外し可能な新型Galaxyを開発中か

サムスンがバッテリーの取り外し可能な新型Galaxyモデルを開発しているようです。

SAMMOBILEが伝えたもので、以下はそのバッテリーの画像。

同サイトによるとこのバッテリーパックは「SM-A013F」という型番の未発表Galaxyモデル向けのものとのこと。

電池容量は3000mAhでその外見から取り外し可能なバッテリーパックであるとのこと。

同サイトによるとこのバッテリーパックは「SM-A013F」という型番の未発表Galaxyモデル向けのものとのこと。

ちなみにGalaxyにはタフネススマホ、Xcoversシリーズがあり同シリーズモデルはバッテリーが脱着式。

ただ、このモデルは型番などからXcoversシリーズではなくGalaxy Aシリーズのミッドレンジに属する機種になる可能性が高しとのこと。

一方、近い型番としてはGalaxy A01 (SM-A015F)があるので、SM-A013Fはミッドレンジというよりはローエンドに近いモデルになることが予想されます。

スマートフォンが普及し始めた当初はまだ取り外し可能なバッテリーを搭載した機種が結構ありましたが、最近ではほぼ皆無。

数年前まではバッテリー脱着可能な機種を要望するユーザーの声もありましたが、最近ではそういった声すら見かけなくなっています。

かなり安価なミッドレンジ/ローエンドでバッテリー取り外し可能な機種、というのは意外とニッチな需要があるような気もします。

おすすめ記事:

Xperia 1 IIのカメラ比較・評価は時期尚早、アプリ開発の遅延により「参考にならない」

コメント

  1. 新型ズルトラはよ出してぇ~ より:

    「脱着可能な機種を要望するユーザーの声もありましたが、最近ではそういった声すら見かけなくなっています。」と、ありますが要望はあっても出ないだろうと諦めムードが正直なところだと思います。