Moto G8 Powerとされる新型モトローラ製スマホがFCC通過、5000mAhバッテリー搭載

モトローラのミッドレンジラインナップ、motoシリーズの未発表モデルがFCCを通過した模様です。

サイズは157.9 x 75.8mmで斜辺の長さからするとディスプレイサイズは6.2~6.3インチといったところ。

また、Android Authorityによるとバッテリー容量が5000mAhという点からしてmoto g8 plusである可能性が高いとのことです。

ちなみに今回のg8シリーズはちょっとリリースが変則的。

すでにmoto g7 plusおよびmoto g7 playは海外の一部で発売済みですが、無印のg7がまだ未発表、どころかリーク情報すらほとんどない状態。

ただ、うえのXDAのエディターの情報ではmoto g8もmoto g8 powerも存在し、後者は”sofia”というコードネームで開発中とのこと。

さらに搭載チップはmoto g8 plusと同じSnapdragon 665が搭載される模様です。

Moto Gシリーズは個人的には結構好きなシリーズ(特にファームウェアがシンプルな点)で、国内でももうちょっと評価されても良いような気もするのですが、なぜか人気はイマイチ、といった感じ。

前モデルのg7シリーズは国内でもg7、g7 plus、g7 powerと3機種リリースされているので、来年初めあたりにはこのg8シリーズも日本リリース発表があるのではないかと思われます。

おすすめ記事:ソニーの新カメラ技術「2×2オンチップ」は次期XperiaではなくOppo Find X2に採用