珍しい「下部ノッチ」を搭載?モトローラーが日本向けmoto 8とmoto g8 powerの発表を予告

Lenovo傘下のモトローラが国内向けに新機種を最低でも2モデルリリースすることが明らかになりました。

ご覧のようにモノクロのシンプルなイラストだけですが「あの人気シリーズから」とのことなので、moto 8シリーズのものである可能性が高そう。

また、国内で認証通過をしているモトローラ製の未発表モデルにはすでにXT2041-3およびXT2045-6が確認されており、前者がmoto g8 power、後者がmoto g8ということも判明しています。

よって、今回発表されるのはこのmoto g8 powerとmoto g8とみてほぼ間違いなさそう。

ただ、今回のティザー・イラストをみると不可解な点も。

ご覧のようにディスプレイ下部にノッチがあり、その中にスピーカーらしきものが描かれています。

これはすでに海外で発表・リリース済みのmoto g8/g8 powerにはない特徴。

よって、ひょっとすると発表されるモデルのうちの1モデルは日本向けの特別仕様モデル、という可能性もありそうです。

モトローラの最新機種としては間もなく同社初の5G通信対応モデルとなるMotorola Edge/Edge+の正式発表があることが確実となっていますが、これらのモデルはディスプレイの端がカーブしたエッジスクリーンを搭載。

一方、今回のイラスト上の機種はフラットスクリーンなので、とりあえず今回発表される機種がEdge/Edge+でないことは確かだと思われます。

おすすめ記事:

Galaxy Fold 2のスペックがリーク、フロント画面サイズが大幅アップ、S-Pen対応