新型Xperia、Xperia 5に搭載のトリプルカメラ、Xperia 1と同じスペックながらセンサーはサムスン→ソニー製に?

IFA 2019で正式リリース発表された型Xperiaフラッグシップ、Xperia 5。

端末全体のサイズ、ディスプレイサイズ、画面解像度、電池容量などを除いたスペックはXperia 1とほぼ同じ。

トリプルカメラの使用についても公式スペック見ている限り少なくともハード的な違いはないようにみえます。(カメラモジュールに組み込まれている積層型メモリの容量は違う、とはいわれていますが)

そんな中、このXperia 5のカメラ周りの仕様について新情報がでてきました。

内容としては:

(新型Xperiaに搭載の)カメラはXperia 1と同じスペックだが、3つのセンサーすべてがソニー製となる

といった意味合いになると思います。

いつも通り噂レベルの情報ではありまsが、ちょっと気になる内容。

というのも公式には発表していませんが、Xperia 1のカメラはメインセンサー以外の望遠、超広角カメラのセンサーはサムスン製であることは周知の事実。

そしてフラッグシップXperiaでソニーモバイルが他社製のセンサーを使ったのはおそらくこのXperia 1が初めてでした。
(ミッドレンジではだいぶ前より採用例がいくつかあるようですが)

これについては意外とポジティブにとらえるユーザーも多く、サムスン製センサーの搭載自体が特に製品の売れ行きに影響を与えた、という印象は受けませんでした。

一方、Xperia 1に対してすでに他社が供給しているスペックが全く同じ3つのセンサーをソニーが新たに開発して次期モデルに載せる、なんてこと、あり得るのでしょうか?

なんか話としてちょっとおかしいような気がしてなりませんが、可能性がゼロともいえないような。

なお、この最新Xperia、海外では10月中の発売が公式発表されているので、国内ではおそらく例年通りならば秋冬モデルとして10月中旬前後に各キャリアから発表、その数週間後にリリースとなると予想されます。

コメント

  1. 名無し より:

    1はXZ4をキャンセルして急遽開発したから、自社センサーを確保できなかったっていう予測だったはず。
    他社より自社を優先して、他社にセンサーを供給できなかったら取引先として大きく信用を落とすからね。それに他社は自社の10倍以上の台数が売れているし。
    5は1の後の開発だから自社センサーを用意できたんじゃない?
    他社から買うより自社で用意したほうがコストを抑えれるはず。

  2. ああああ より:

    >他社から買うより自社で用意したほうがコストを抑えれるはず。

    それは何とも…
    ソニーのイメージャーは他社と一桁違うともいわれているから寧ろ上がるのでは。

    あとXperia1までついていたスロー撮影が無くなった事実から考えるとセンサーが変わったこと自体は確実だと思うけど。