アップル、新型iPhone 12シリーズのリリース遅延を正式に認める、早くて10月発売に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年版の新型iPhone。

iPhone 12、iPhone 12 Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの4モデル展開になると言われており、現状ではいずれのモデルも5G通信に対応すると言われています。

しかし今回、同社が本日行った決算発表の中でリリース時期についてのちょっと残念な情報がでてきました。

同社CFOのLuca Maestriが明らかにしたもので:

As you know, last year we started selling iPhones in late September. This year, we expect supply to be available a few weeks later.

昨年のiPhoneは9月からリリースされたが、今年は供給が数週間遅れる見込み、とのこと。

”A few week”は基本的には2~3週間、多くても3~4週間。

一方、新型iPhoneのリリースは毎年大体9月20日前後なので、そこから数週間、つまりこのiPhone 12シリーズのリリースは早くても10月以降になる、ということになります。

おすすめ記事:

新型Pixel 4aの発表日がようやく公式確定、「ティザーパズル」で告知

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。